セフレはお金がかかる?費用を安くしながら関係を維持する方法

「遊ぶためにセフレが欲しいけど、お金が結構かかったりしそうで不安」

「セフレってお金を払わないと、継続してセフレ関係を続けてくれなそう」

「セフレに対するお金がどこにどのくらいかかるのか具体的に知りたい」

上記のようにお悩みの男性の方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回の記事ではセフレにはどのくらいお金がかかるのか?

さらに、セフレにかかるお金を抑える方法をメインにご紹介いたします。

セフレを作る際に具体的にどのくらいお金が掛かるかなど、細かく迫った内容です。

この記事を読むことで、よりセフレに関するお金についての疑問を解消することが出来るでしょう。

また、できるだけ安くセフレをゲットできるコツなども記載しているので、より実践的な内容の記事になっているのも特徴的です。

是非、コスパ良く、効率的にセフレが欲しいという方は今回の記事を読んで、ご参考にしていただければと思います。

読みたいところをタップ!

セフレにセックスするためのお金を払うことはない

セフレとセックスするためにお金がかかると考えている方もいるかもしれませんが、セックスするためのお金を払うことはありません。

というのも、セフレはお互いに「セックスするため」の関係であるということもあり、お金のやり取りは発生しないからです。

お金を払ってセックスをするのは「援助交際」となり、セフレ関係とは全く別のものになるのであらかじめ覚えておきましょう。

援助交際は売春に繋がる恐れもあるので、できるだけ行わないことをおすすめいたします。

また、継続的なセフレ関係の女性を作ることは金銭以外にもメリットがあります。

例えば、メリットとしてセフレ目的の女性は性欲が高く、様々な男性の欲求に答えてくれることが多いことが挙げられるでしょう。

なので、より濃密なセックスが可能になります。

さらに、継続したセフレ関係は、セックスする相手をその都度で見つける必要がなくなることもあり非常に魅力的です。

同じ相手と少し連絡を交わすだけでセックスが出来る関係になるので、非常に楽と言えるでしょう。

なので、コスパ良く女性とセックスしたいのであれば、気に入った女性とセフレ関係を積極的に目指しましょう。

そうすることで、理想的な性生活を楽しむことが出来るはずです。

金銭を要求するセフレ募集はほぼ業者

SNSや出会い系サイトでは金銭を要求するセフレ募集もあるかもしれませんが、その場合は無視をしましょう。

というのも、出会い系サイトにおいて、金銭ありのセフレ募集をする方は業者なので関わらない方がおすすめだからです。

金銭ありのセフレ募集は、援助交際につながる恐れもあり、違法なのでおすすめできません。

また、援助交際は1回のセックスでホテル代別で20,000円以上の高額な金銭を要求されることも多いので非常にコスパも悪いです。

上記のこともあり、出会い系サイトにおいて、金銭ありのセフレ募集をする方とは関わらないようにしましょう。

例えば、出会い系サイトにいる女性下記のような特徴があれば業者の可能性があるので注意するべきです。

  • LINEなどの交換をしつこく迫ってくる
  • すぐにお金の条件を要求してくる
  • 外部のサイトに誘ってくる
  • 使用しているデバイスがパソコン

上記のような行動をしてくる女性は業者である可能性が非常に高いです。

できるだけ関わり合いを避けると良いでしょう。

どちらかというと出会い系サイトのアダルト掲示板などにこういった業者は多く存在します。

なので、業者を避けるためにもアダルト掲示板ではなく、ピュア掲示板など自然な出会いを探せる方の掲示板でセフレを作りましょう。

セフレを作るときに必要な費用

セフレを作る時に必要なお金は下記の3つです。

  • 女の子と出会うためのお金
  • 食事代・飲み代
  • ラブホテル代

ここからはそれぞれの費用について具体的に解説していきます。

女の子と出会うためのお金

セフレを作る以前に、まずは女性と出会うためにお金がかかることがほとんどとなります。

というのも女性と効率よく出会うためには、何かしらのサービスを使うことが必要になるからです。

具体例として、下記の一覧を見てみましょう。

  • 街コン(男性の参加費:6,000円~)
  • 合コン(男性の参加費:6,000円~)
  • 出会い系サイト (1か月:3,000円~)
  • マッチングアプリ (1か月:3,000円~)
  • クラブ (入場料:3,000円~)

どれもより確実にセフレ作りに向いた出会い方ですが、上記のようにお金もある程度掛かります。

なので、あらかじめ本格的にセフレ作りを始める前に覚えておくと良いでしょう。

そこでもし、より掛かるお金を抑えた上で女性出会いたいのであれば下記の方法もおすすめとなります。

  • 居酒屋やバーで女性を探す
  • 社会人サークルなどで探す
  • 繁華街などでナンパする

どれもお金をそこまでかけずにセフレ作りのための女性を探せる方法となります。

ただし、自分から積極的に女性に話しかけたりすることが求められる上に、失敗する可能性も高いので注意しましょう。

なので、積極的に女性に話しかける自信がない方は、お金は掛かりますが出会い系サイトなどを使ってセフレを探すことをおすすめします。

食事代・飲み代

目当ての女性を見つけた場合は、まずはセフレにする前にデートや飲みを行います。

基本的には男性側が食事代、飲み代をおごることが多いので、ある程度の負担は覚悟しておく必要があるでしょう。

1回の食事代や飲み代は約7,000円くらいからがほとんどのパターンです。

ただ、高級な飲食店やバーだとかかるお金もさらに跳ね上がるので注意しましょう。

なので、もし食事代や飲み代を抑えたいのであれば、自宅などで飲むいわゆる「宅飲み」も活用するといいでしょう。

初回のデートでは警戒されてしまうのでおすすめできませんが、2回目や3回目のデートで相手との信頼感ができた辺りからはおすすめです。

また、宅飲みはかかるお金が安いだけではなく、そのままセックスに誘いやすいのも大きなメリットとなります。

周りの目もなく、2人だけしかいないということもあり雰囲気が作りやすいからです。

さらに、相手の女性に対して泊っていく提案などもしやすいのでさらにセックスがしやすくなります。

なので、よりコスパ良く手軽にセックスをしてセフレ関係を作りたいという方は、宅飲みも積極的にテクニックとして使っていきましょう。

ラブホテル代

セフレとセックスをする場合には、ラブホテルがメインになることも多いでしょう。

デートのついでにそのまま寄れることもあり、非常に便利だからです。

しかし、ラブホテル代も男性が払うことが多いので負担になります。

ラブホテルでは基本的に宿泊か休憩を選ぶことになります。

普通のラブホテルの値段の相場は下記のようになるでしょう。

宿泊8,500~10,000円
休憩(2or3時間)5,000~7,000円

セックスにかかるお金を減らしたいのであれば休憩がおすすめですが、その分ゆっくりする時間なども減るので十分に注意しましょう。

スローセックスやセックスの後のセフレとのいちゃちゃを大切にする方は、特に良く覚えておく必要があります。

また、ラブホテルに掛かるお金を抑えたいのであれば、安めのラブホテルに行くこともおすすめです。

安めのラブホテルの値段の相場は下記のようになるでしょう。

宿泊5,500~8,000円
休憩(2or3時間)3,000~5,000円

ただ、安めのラブホテルだとコスパは良くなりますが、サービスやアメニティの質が低かったりします。

また、部屋が狭かったり汚い場合もあるでしょう。

なので、安めのラブホテルを使う場合はネットの口コミなども参考にすることをおすすめします。

安くセフレをゲットするコツ

セフレを安くゲットするためのコツは以下の3つです。

  • 出会い系サイトを使う
  • ラブホ代を節約する
  • お金がかからない女の子を見つける

ここからはそれぞれのセフレを安くゲットするコツについて具体的にご紹介いたします。

出会い系サイトを使う

よりコスパ良くセフレを探すのであれば。

出会い系サイトを駆使することをおすすめします。

というのも、出会い系サイトは月々3,000円程度の課金で女性を探すことができ、街コンや合コンで探すよりもコスパが良いからです。

さらに、出会い系サイトは最初から女性がセフレ目的で登録していることもあり、セフレを作りやすいのも大きなメリットです。

20代~50代の女性が多く登録しており、ご自身の好みのセフレを探しやすくなっています。

また、連絡を取った当日に出会える女性も多く、即セックスに繋げられるのも大きな魅力です。

相性が良ければそこから継続的なセフレを目指すことも容易なこともあり、出会い系サイトはセフレ作りにうってつけの場所となるのです。

出会い系サイトでさらに掛かるお金を安くしたいのであれば、LINEなどの連絡先をなるべく早い段階で交換しましょう。

出会い系サイトではアプリ内でメッセージを交換しているとあっという間にポイントが減り、課金をする必要があるからです。

なので、出来るだけ早くLINEなどの無料で連絡を取れるツールを使うとさらに掛かるお金を減らせます。

出会い系サイトでコスパ良くセフレを作る場合には、アプリ内ではなくLINEなども駆使して連絡を取ることを意識しましょう。

ラブホ代を節約する

セフレと継続的にセフレ関係を続けていく場合は、ラブホ代を節約することも大事なテクニックになります。

というのも、男性側が全てラブホテル代を負担するということもあり、上手く節約していかないと損をしてしまうからです。

具体的に、セフレとセックスする場合にラブホテル代を節約するテクニックとしては下記のものが挙げられます。

  • 宿泊ではなく休憩でラブホテルを利用する
  • レンタルルームを使う
  • 漫画喫茶やネットカフェを利用する
  • 自宅を利用する
  • カーセックスをする

特に上記の節約テクニックの中ではレンタルルームを使うことがおすすめとなります。

というのも、 レンタルルームには下記のメリットがあるからです。

  • ラブホテルとほとんど同じ仕様やサービスで使える
  • ラブホテルよりも圧倒的に掛かるお金が安い(休憩2時間で2,000~3,000円程度)
  • シャワーなどもある上に清潔な環境であることが多い

上記のようにレンタルルームには非常に魅力的なメリットが満載です。

ラブホテルとほぼ変わらない仕様で使えるということもあり、非常におすすめとなります。

ただ、基本的に休憩しかないことが多いので、セフレとゆっくり時間を過ごしたいという方はラブホテルを使う方が良いでしょう。

お金がかからない女の子を見つける

より、セックスに掛かるお金を抑えてセフレと関係を続けていくのであれば、 お金がかからない女性をセフレにしましょう。

というのも、お金がかからない女性であれば長期的に見て、男性側の金銭的な負担が大きく減る場合があるからです。

具体的には、下記のようなお金のかからない特徴を持っている女性を探すと効果的と言えるでしょう。

  • ブランド物などの買い物をしない女性
  • 男性が奢ることを当たり前と思っていない女性
  • 時には割り勘を提案してくれたり、お金を負担してくれる女性
  • お金のかかる趣味を持っていない女性
  • どんな物事に対しても節約志向がある女性
  • 男性側の話をしっかりと聞いてくれる女性

上記のようなお金がかからない特徴を持っている女性だと、コスパ良くセフレ関係を続けていくことが可能なのでおすすめです。

男性側に物を買わせたり、セックスにかかる費用を払うことを強要したりしないので付き合いやすくなります。

一緒にセフレ関係を続ける上でお金の問題に対して一緒に考えてくれる女性は非常に頼もしいです。

なので、よりコスパが良く充実した性生活を送るためにも、お金のかからない女性をセフレにすることを意識しましょう。

セフレにかかるお金は削減できる!

今回の記事では、セフレにどのくらいお金がかかるのか、セフレにかかるお金を節約する方法をご紹介いたしました。

手軽にセフレを作るコツや、セフレを作る際に注意するポイントなども多く記載しているので、より実践的な内容になっています。

今回の記事を読むだけで、よりコスパと効率を高めた上でセフレが作れるでしょう。

そこで、最後に本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • セフレはセックスをする関係性なので、セックス自体にお金はかからないのが普通
  • セフレとのデート代やラブホテル代を男性側が出す必要があることがほとんどなので注意
  • 出会い系サイトを使うことでさらにコスパ良くセフレを見つけることが可能
  • ラブホテルの代わりに低料金なレンタルルームを使うのも非常におすすめ

セフレとの関係を続けていく際にデートの費用が掛かることは、大きな問題点です。

なので、少しでもお金は減らすことを意識すると、よりコスパ良くセックスを楽しむことができるでしょう。

是非、今回の記事の内容を元に実践してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!
閉じる